プリンターのインクの基本的な交換の仕方

プリンターの機種にもよりますが、多くのプリンターでインク交換の際にプリンターの掃除と入れ替えたインクの自動補充が必要になります。交換は簡単に出来ますが、最初のうちは取扱説明書を手元に備えておくと便利です。ほとんどのプリンターではインク液は隠れた所に収まっているので、取り出しボタンを数秒の長押しするとインク液が入っているボックスが出てきます。次にボックスカバーを開けると同時に少しだけインク液が上に上がるので、つめ等で引っ掛けて取り出します。それで新しいインク液を入れてボックスの蓋を閉めて先ほどのボタンを再び長押しすると、自動でインク補充をしてくれます。この作業が完了したら、パソコンから試しプリントして確認します。これで作業は終了です。

交換時に確認することと気をつける事

インクを補充し試しプリントをした時にインクが薄かった場合は、もう少し補充が必要になります。この時にインクの間違いがないか確認が必要です。例えば、カラーの場所と黒の場所です。もし間違っていると取り出して7掃除が必要になります。そのため、補充をする場合は位置確認を必ず行う癖をつけるといいです。最近は再利用のインクも多くの会社から出ています。プリンターの型番に合うかどうかの購入時に確認してください。型番やお店によって商品代が異なります。格安と言って購入すると型番が違うなど損する事もあります。色を間違えて清掃する場合は手際よく行う必要があります。でないとプリンター内で固まることがあるので注意が必要です。プリンターは必要時以外電源を落とした方が良い型番もあります。

ゴミが出ないように清潔にしておく

プリンターにとってゴミは敵になります。ゴミが中に入ってプリントした書類が妙なボツボツが出ることがあります。プリンターの掃除の際やインク交換と補充の際は通り道にゴミがないようにして下さい。もしインクが固まってしまった場合も同様に全て取り除くことが大切です。プリンターは必要がない時は上からカバーされる事をお勧めします。型番によってはパソコンの電源を入れると同時にプリンターの清掃が始まることがあります。必要以上に清掃するとブラシの消耗が早いですし、その度に1円2円程度の電気代が必要になります。そのため、必要でない時はコンセントを抜くなどして節電されると良いです。プリンターも進歩しているのでパソコンが逆に負担になる場合があります。もし、パソコンとプリンターを同時購入するなら販売店に聞かれる事をお勧めします。